糖尿病の種類

糖尿病の種類は、大きく2つの種類に分けることができ、1型と2型があります。

・1型糖尿病

膵臓のランゲルハンス島のβ細胞が破壊されて、インスリンの分泌が不足するために起こります。

日本人の糖尿病患者全体の約3%がこのタイプです。

治療にはどうしてもインスリン注射が必要となるため、「インスリン依存型糖尿病」とも呼ばれています。

・2型糖尿病

近年、急激に増加しているのがこの2型で、日本人の糖尿病患者全体の約95%を占めています。

治療に必ずしもインスリンを必要としないことから、「インスリン非依存型糖尿病」とも言われています。
| 日記

糖尿病の原因

糖尿病の原因は、1型と2型により違います。

1型の原因

・ウイルス感染や自己免疫により、膵臓のβ細胞が破壊され、発症すると考えられています。

2型の原因

・遺伝的素質・過食・飲酒・肥満・心身ストレス・妊娠・運動不足

これらが誘因となって発症するタイプで、膵臓のβ細胞は破壊されていないが、インスリンの分泌が悪かったり、インスリンの働きが悪いために起こります。

発症の原因を知ることにより、早期発見、早期治療をすることが望ましいと思われます。
| 日記

糖尿病の症状

1型は、ある日、突然、はっきりした自覚症状が出て発症します。

逆に、2型の発病の仕方はゆっくりで、ほとんど自覚症状がないのが普通で、何年も気がつかないこともあるようです。

病気がある程度進行すると、次のような自覚症状が組み合わさって出てきます。

・だるい
・疲れやすい
・異常にのどが渇き、水分をたくさんとる
・排尿の量や回数がふえる
・食欲があり、すぐ空腹感を覚える
・食事量のわりに体重が減少してくる
・何にもできていないのに皮膚がかゆい
・傷が治りにくい
・物覚えが悪い
・眠い

このような症状を放置しておくと、昏睡状態(血糖値が400mg/dl以上にまで上昇し、血液が酸性に傾いて意識を失う)に陥ります。

昏睡状態に陥る前には必ず症状が出ます。

異常にのどが渇く、脱力感、肌の乾燥、吐き気、排尿の量がふえる、もうろうとする、意識が薄れるなどの症状です。

このような症状をいち早く察知することが重要となってきます。
| 日記

糖尿病と合併症の関係

糖尿病を放置しておくと、次のような合併症が起こります。

糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経症が代表的なもので、これらを糖尿病の3大合併症と言います。

1.糖尿病性網膜症

高血糖をそのままにしておくと、血管障害によって酸欠状態になった網膜からもろくなった毛細血管があらわれます。

これが切れて眼底出血を起こし、視力が低下したり、発見や手当てが遅れると、失明することもあります。

日本では成人の失明原因の第1位がこの糖尿病性網膜症で、年間約3000人と言われています。

2.糖尿病性腎症

高血糖状態が続くことにより,腎臓の毛細血管に障害が起き、その結果、血液のろ過機能が低下する病気です。

排泄されるべき老廃物が血液中にふえ、尿毒症や腎不全になります。

3.糖尿病性神経障害

高血糖が持続することにより、運動神経、知覚神経、自律神経にそれぞれ障害があらわれます。

症状としては、手足のしびれや痛み、足先が冷える・感覚麻痺、発汗異常、便通異常(便秘と下痢を繰り返す)、膀胱障害、無自覚性低血糖、脳神経障害などなど、さまざまな神経障害が起こります。

その他、脳卒中や心筋梗塞など、命に関る病気ばかりです。

本当に怖いのは、糖尿病によって引き起こされる合併症なのです。
| 日記

糖尿病で気をつけたい低血糖昏睡

「低血糖昏睡」とは、血糖値降下剤やインスリン注射の量が多すぎて、血糖値が急激に下がった時に起こる昏睡です。

インスリン注射や経口血糖降下薬と食事とのバランスが崩れたときに起きやすくなります。

激しい運動をした時や労働量が多過ぎた時や下痢をした時などにも起こることがあります。

前触れとしてあらわれる症状としては、異常な空腹感、不安感、震え、顔面蒼白、動悸、冷や汗があげられます。

空腹時に頭痛を伴ったり、ものが二重に見えたりすることもあります。

このような症状があらわれた場合、とりあえずブドウ糖(なければ砂糖水)やジュースなど糖分の多いものをとることにより、約10分程度で改善されます。

普段から角砂糖や飴を携帯していると、外出時の低血糖発作の際に役立ちます。

また、昏睡に陥った時、適切な処理をしてもらえるよう、家族や職場の人に応急処置を頼み、協力してもらうことも大切です。
| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。