糖尿病と合併症の関係

糖尿病を放置しておくと、次のような合併症が起こります。

糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経症が代表的なもので、これらを糖尿病の3大合併症と言います。

1.糖尿病性網膜症

高血糖をそのままにしておくと、血管障害によって酸欠状態になった網膜からもろくなった毛細血管があらわれます。

これが切れて眼底出血を起こし、視力が低下したり、発見や手当てが遅れると、失明することもあります。

日本では成人の失明原因の第1位がこの糖尿病性網膜症で、年間約3000人と言われています。

2.糖尿病性腎症

高血糖状態が続くことにより,腎臓の毛細血管に障害が起き、その結果、血液のろ過機能が低下する病気です。

排泄されるべき老廃物が血液中にふえ、尿毒症や腎不全になります。

3.糖尿病性神経障害

高血糖が持続することにより、運動神経、知覚神経、自律神経にそれぞれ障害があらわれます。

症状としては、手足のしびれや痛み、足先が冷える・感覚麻痺、発汗異常、便通異常(便秘と下痢を繰り返す)、膀胱障害、無自覚性低血糖、脳神経障害などなど、さまざまな神経障害が起こります。

その他、脳卒中や心筋梗塞など、命に関る病気ばかりです。

本当に怖いのは、糖尿病によって引き起こされる合併症なのです。
| 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。